作品評価基準

今更だけど、B級作品のレビュー書くのってむずかしい?
ネタばれにならないように、最小限の情報で、人に伝えなければならないし、私の観る作品は宣伝されてないものが多いうえに、ジャッケットイメージと中身が違うことがほとんど。

また自分のポリシーは「どんな駄目な作品でも、見方を変えて楽しもう」なので、これを分かって貰えないと、甘口批評と取られかねない。

そんなんで、当サイトの作品評価基準は、作品を作っている人達の情熱やこだわりが伝わってきたり、製作者の意図しない鑑賞方法がある作品を賞賛しています。逆に駄目な作品は、情熱、こだわりが伝わってこない作品(脚本、映像、美術、演技どこにも語れるものがない)はアカデミー賞取ろうが、ラジー賞取ろうが駄目と言った具合に、レビューを書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。