[映画]RENAISSANCE-ルネッサンス-[ミニシアター]

先日、すごく久しぶりにシネセゾン渋谷に行き、映画『ルネッサンス』観て来ました。
「王様のブランチ」で紹介されてたから大作かと思ってたら、ミニシアター物だったのね。

この作品、ブレードランナーと攻殻機動隊にかぶるシーンが多くて、モノトーンにしただけでストーリー的にも映像的にも駄作ではないけど、そんなに面白くなかった。他の映画に似たようなシーンが多いなら、わざわざ俳優をモーションキャプチャーしてアニメーション化した意味がよくわからない。「シンシティー」のように実写をアニメやコミック風に撮った方が面白いと思うんだけど?

同じように俳優の動きをアニメーション化した作品ならキアヌが主演の「スキャナーダークリー」は面白かった。(この作品について詳しくは後日語る。原作がフィリップ・K・ディックだから面白かったのかも)

あとは、未来のパリを地上と地下の多層構造で表現するなど、ビジュアル的世界観が大きい割りにディテールが薄っぺらい気がする。キャラクターの会話の中に複線をもっと入れて、なぜ今のような作品世界になったのか読み取れるようにしてほしかった。

兎に角、ストーリーと作品世界のディテールをもっと練ってから作れば良かったのにと思う作品。

映画『ルネッサンス』オフィシャルサイト【e】


ブレードランナーや攻殻機動隊のような世界を、白黒のツートンで表現した(実際にはグレースケールの部分もあり)アニメーション映画。