ラヴィ・ド・ボエーム

作家のマルセル、画家のロドルフォ、作曲家のショナールの三人の、おかしく悲しく浮遊感の残る作品。

アルバニアからフランスへ密入国してきたロドルフォは、やがてミミという女性と恋に落ちるがとにかくお金がない、まとまったお金を稼ぐチャンスもすぐ不運に見舞われる。